ニキビの悩み

“私のニキビが、一番のピークを迎えたのは中学生の頃でした。
ブツブツと顔全体にニキビが出るタイプではなく、一つ出来ては消えて、また消えた頃にまた一つ増えていって、顔のどこかにはニキビがあるという状態が中学生のころは続いていました。

ニキビができる場所も鼻の下だったり口周りなど、人からみて、かなり目立つ所に大きく出来ていましたので、友人から指摘される度に、落ち込んでいました。

そんな時に、母に相談したところ、
皮膚科を受診する事を勧められました。その時は、自分なりのケアをしていたつもりでしたが、それが気づかないうちに間違った方法てケアをしていたのかもしれませんが、皮膚科は医療機関ですので、医療のチカラでニキビが治るのか、半信半疑だったのですが、やはり医師の目で診断してもらい、その症状にあった、適切な薬を処方していただく事により、ニキビが知らず知らずのうちに出なくなっていきました。

それから、大人になった今でも、ニキビがでる事もあります。中学生では化粧はしていませんでしたので、ニキビを隠すということはできませんでしたが、今は、刺激の少ないファンデーションを薄くつけ、目立たないようにしています。
ニキビとはいえど、乾燥からもニキビの原因になるので、保湿はしっかりしています。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です