ニキビができやすい体質で悩んでいます。

私はニキビができやすい体質の様でほぼ1年十あごや頬にニキビができています。またニキビが治ったとしてもニキビ跡が薄茶色になって残ってしまうので、治った後もニキビに悩まされてしまうんです。

友達で全くニキビの無いつやつやした肌の持ち主がいますが、本当にうらやましいです。綺麗な肌なだけでもすっきりして可愛らしく見えるのでその人を見る度にいいなと思ってしまいます。どうやら体質的にニキビができにくいらしいです。

ネットのサイトを参考にすることもありました。
よく見ていたサイトは大人ニキビ洗顔料ランキングが多かったです。
このサイトは人気の洗顔料がすぐにわかったので、ニキビで悩んでいる私にとってはありがたい存在でした。

昔からのニキビ跡も残っておりクレーターの様になってしまっているのが自分でも鏡で見て気持ち悪いなと思ってしまいます。化粧のりも肌がぼこぼこして悪くなりますし、たとえファンデーションを塗ったとしてもいまいち肌が綺麗に見えず、また化粧品で肌荒れも起こしまたニキビが増えてしまいます。完全なる悪循環です。

そのため全く化粧をしない時もあるのですが、素肌に自信が無いためとても憂鬱になります。ニキビ跡とたくさんのニキビを人に見られているというだけでも気分が落ち込むんです。

現在20代で、とっくに思春期は過ぎた年齢ですが大人になってまでこんなにニキビに悩まされるとは思いもしませんでした。最近ではニキビの新しい治療法や薬も登場してきているので、いつか綺麗に治ることを期待しながら落ち込まずに今できる治療に専念しないといけないなと感じています。

サンタクロース

“サンタクロースの存在って何歳まで信じていましたか?私は、小学校の間はずっと信じていました。なぜかというと、我が家が貧しかったのに、クリスマスプレゼントだけは毎年きちんと希望のものが届いていたからです。そうはいっても、小学校5年生の時に友達が「サンタクロースなんているはずがないよ。」と聞き、私自身も「本当にサンタクロースはいるのかな?」と疑問に思いました。
 そこで、クリスマスの前日、家の中でプレゼントを隠せそうなところを徹底的に調べ上げることに。まずは、押し入れや靴箱、棚の上などくまなく探しましたが、見つかりませんでした。
 クリスマスの日、家族そろってクリスマスパーティーをしました。みんなで食事としていると「ドン、ドン」と物音がしました。父が「玄関にサンタクロースがプレゼントを持ってきたかも」というのでダッシュで玄関に行きましたが、プレゼントはありません。しばらくするとまた「ドン」と音がしました。父が「今度は2階で音がしたよ」というのでまたもやダッシュ。すると2階の窓が開いていて、ベランダにプレゼントがありました。私は「やっぱりサンタクロースっているんだ」と喜びました。
 ついこの間実家に帰った際にその話になりました。当時、私がサンタクロースの存在を疑っていたのを両親は知っていたようで、小学校までは信じていてほしいという気持ちでプランを考えてくれたようでした。そんな両親に感謝しています。”

年末の一日

“年末がそう押し詰まらないうちに、だいじだと思う用事を数点済ませました。
今年は12月になってからギュッと本格的な寒さになってますね、そういう気候に身体が慣れていないようでもあり。
それでも早朝の比べたら寒さが緩いのだろうという時間に外出、10分以上くらいの距離で片道はウォーミングアップのようなもの。

用事や買い物としているうちに温まってマフラーが暑いなという感じ、それから別のところ、食料品など見繕っているとこういうお店はやや涼しくて。
出かけるときの身支度は何が基準かと考えれば、最高気温が一桁ですからぽかぽかと温かくするほうを選びます。
何か所か用事があるときは室内や外の気温など考えて、体温調節できるようなかっこうにするのがいいですね。
この一日みたいに昼の時間のほとんどを外出ですごすのも年末ならではのこと、自由時間は少なくても気がかりなことを済ませると気持ちが楽になります。

帰りがけにいつもよりプチ贅沢というおやつでも買って帰り、コーヒー飲む時間は気分の疲れも癒せるというもの。
日ごろの節約も何かほかの成果を見出すためにはこんな時間も必要と思っています。
今月、今年もあと20日とちょっと、元気ならばいいさと考えるんですよね。”

庭の草むしり

“お昼を済ませて、表に出ると、大分暖かくなった。
そこでカミさんと一緒に庭の草むしりをすることにした。
数週間前に娘が草むしりをしてくれた。
しかし小さい雑草がまだ大分生えていた。
上の草だけむしったのだろう。

カミさんは北の庭から、私は南西の庭を担当する。
物置からハサミと根っこおこしと軍手を出してくる。
カミさんがビニール袋を置いていった。
まずは根っこおこしで雑草を根っこから引き抜く。
それを一時庭石の所にためておく。
大分溜まると、ビニール袋に入れる。

庭の隅に葉っぱの長いのがたれていた。
あかまんまも枯れて立っていた。
面倒なので、これを全部切ってしまった。
庭が広くなった感じだ。

やがてカミさんがやってきた。
ビニール袋が半分くらいになっていた。
腰が痛いと。
そこで、二人で縁台に坐る。
私は一服。
煙が当たり一面になびく。
カミさんが手を振って嘆く。
庭の隅を見て、スッキリしたねと。
葉っぱの長いのは水仙だよと。
汚いから切ってしまったと。
婆さんが嘆くよと。

その後木々の葉っぱをゆすって落とす。
これが全て落ちないと、きりがないなと。
落とした落ち葉を2人で拾い集める。
たちまちビニール袋が一杯になる。
落ち葉はかさばる。

後は庭に落ちている落ち葉を拾って一段落とする。
約2時間の草むしりであった。
2人で腰が痛いと。
庭が少しはきれいになった。
これでお正月が迎えられるだろう。

オンラインゲームで感じたネチケット不足

“某オンラインゲームをプレイしていた時の事です。
いつも通りプレイヤーの集会所に行き、同じクエスト(目的)達成を目指す人を募集していたのですが、その時すごくネチケットがなっていないと感じる出来事がありました。
なんと、開始早々にチャットで「死んだほうがいいですよ」と言われます。さらに、クエストに参加してくれたはずのプレイヤー(ネットゲームなので顔は分かりません)
が、クエスト開始と同時に落ち(クエストを放棄)ました。インターネットで調べても特に悪いことをしたわけでもないようなのに、なぜでしょう。
気を取り直して他の仲間と組んでクエストに挑戦するも、何もしない上、必要な資源を使うだけ使って放置。一体どういうことでしょう。
こうした行動を安易に取る人がいる背景に、ネチケットについて何の勉強もせず、自分本位に遊んでいる人が増えているのではないか、と思いました。
情報化社会を掲げる日本ですが、こういった分野はまだまだ教育が行き届いていないと思わざるを得ません。
自分だけが楽しければいい、どうせ顔も知らない相手だ、などという稚拙で安易な思考が裏にあるのでしょう。
ネットは顔も見えないし、相手が何を思うのか分かりません。しかし、だからこそインターネット社会を歩むにあたって、こういったネチケットの欠落というのは由々しき問題だな、と思いました。”

ニキビの悩み

“私のニキビが、一番のピークを迎えたのは中学生の頃でした。
ブツブツと顔全体にニキビが出るタイプではなく、一つ出来ては消えて、また消えた頃にまた一つ増えていって、顔のどこかにはニキビがあるという状態が中学生のころは続いていました。

ニキビができる場所も鼻の下だったり口周りなど、人からみて、かなり目立つ所に大きく出来ていましたので、友人から指摘される度に、落ち込んでいました。

そんな時に、母に相談したところ、
皮膚科を受診する事を勧められました。その時は、自分なりのケアをしていたつもりでしたが、それが気づかないうちに間違った方法てケアをしていたのかもしれませんが、皮膚科は医療機関ですので、医療のチカラでニキビが治るのか、半信半疑だったのですが、やはり医師の目で診断してもらい、その症状にあった、適切な薬を処方していただく事により、ニキビが知らず知らずのうちに出なくなっていきました。

それから、大人になった今でも、ニキビがでる事もあります。中学生では化粧はしていませんでしたので、ニキビを隠すということはできませんでしたが、今は、刺激の少ないファンデーションを薄くつけ、目立たないようにしています。
ニキビとはいえど、乾燥からもニキビの原因になるので、保湿はしっかりしています。”

ニキビの原因を考えることがニキビ対策になる

“ニキビができて困っている人はたくさんいると思います。
実際に何が決定的な原因となってニキビができてしまうのかは正直なところ分かりづらい部分があります。
しかし、ニキビができるということは、何らかの原因があると考えていいと思っています。
僕は昔ニキビがとてもたくさん顔に出来たことがあります。
普段ニキビがないのに急に増え始めてくると、とても焦ってしまいますよね。
しかし焦ったところでニキビはすぐには治りません。
なので、まずは何が原因でニキビができたのかを考えることが重要になってきます。
なぜなら、それが根本的なニキビ対策につながっていくからです。
ちなみに、当時僕のニキビができた原因は睡眠不足でした。
具体的には睡眠不足からくるストレスだったと思っています。
というのも、その時はまだ学生ということもありテスト勉強で毎晩遅くまで勉強していたからです。
なので必然的に睡眠時間が足りなくなり、さらにひたすら机に向かって勉強をしていたのでストレスがかなり溜まっていたんだと思います。
実際にテストが無事終わったあたりから徐々にニキビも少なくなってきました。
それはテストが終わったことで睡眠時間をたっぷり確保できるようになったからです。
ニキビの原因をしっかりと考えることが、最大のニキビ対策になるのです。”